テキスト:稲垣貴俊(ライター/編集者)

日本の裏社会を牛耳るホワイト・デスは、
「帝国」と呼ばれるほどの巨大組織を意のままに操る人物。
ゆかり号の車内で起きた出来事は、すべてこの男が仕組んだものだった。

ホワイト・デスの正体は、元マフィアとも元KGBとも言われるロシア人で、本名はロシャン・レスニコフ。来日後、裏社会の重鎮である峰岸に近づくと、彼の側近として登用された。しかし、秘密裏に仲間を集めていたレスニコフは、準備が整うと峰岸を殺して組織を乗っ取ったのである。その際、同じく側近だった若き日のエルダーの妻も殺害した。

ホワイト・デスは、最愛の妻の死に関わった人々を葬るため、全員をゆかり号に集めていた。ホワイト・デスが自宅を離れていた日の夜、妻は、ホワイト・デスの車で移動している最中に暗殺者の手で殺害されたのだ。しかし、それは本来ホワイト・デスを狙った暗殺計画で、妻はただ巻き込まれただけだったのである。ホワイト・デスは復讐のため、ゆかり号の中で全員を殺し合わせ、最後に残った者を自らが京都駅で殺害しようと考えていた。

腕利きの殺し屋であるタンジェリンとレモンは、かの「ボリビアの仕事」を成し遂げた二人組。妻の死んだ日にホワイト・デスが自宅を離れたのは、二人がボリビアで彼の手下を殺害したためだった。タンジェリン&レモンをゆかり号に乗せるべく、ホワイト・デスは拉致された息子と身代金を奪還し、京都まで送り届ける任務を依頼。しかし、その任務はことごとく失敗する仕掛けになっていた。

蛇の毒を使う殺し屋・ホーネットは、ホワイト・デスの妻が死亡する2日前に一人の医師を暗殺した人物。しかし、その医師こそ瀕死の妻を救えたかもしれない名医だった。妻を永遠に失ったホワイト・デスは、ゆかり号の車内で自らの息子を殺害する任務をホーネットに依頼。仕事の報酬は車内に持ち込まれたブリーフケースに入っていると伝えた。

ホワイト・デスの率いる組織は、いずれ息子(サン)が継ぐはずだった。しかし息子の能力は決して優れておらず、しばしば警察の世話になることさえある。それゆえホワイト・デスは内心、息子を疎ましく思っていたのだ。ホワイト・デスが不在の夜、息子は再び警察に捕まった。そして妻は、息子のもとへ向かうためにホワイト・デスの車を使ったのである。

京都駅でゆかり号を出迎えたホワイト・デスは、いくつもの想定外の事態に直面する。娘のプリンスが自分を殺すため列車に乗っていたこと、古い因縁の男・エルダーとその息子のキムラが復讐のため待ち構えていたこと。あろうことか、妻を殺したカーバーは列車に乗ってさえいなかった。怒れるホワイト・デスはレディバグを射殺しようと、プリンスに渡された銃の引き金を引く。しかし父親の命を狙っていたプリンスは、あらかじめ銃が暴発するよう爆弾を仕掛けていた。その思惑通り、ホワイト・デスは顔の半分を吹き飛ばして死亡する。

殺し屋・レディバグは“破壊的な悪運”の持ち主だ。その運の悪さは周囲にも降りかかり、なぜか任務中に無関係の人間が死にかけることもある。自分の性質を憎んだレディバグは、しばらく休業してセラピーを受けていた。仕事復帰となった今回、彼は病欠の殺し屋・カーバーに代わって任務を引き受ける。東京駅から高速列車・ゆかり号に乗り、ブリーフケースを盗んで次の駅で降りるだけの簡単な仕事だ。

ところが車内でケースを発見した矢先、品川駅でレディバグはウルフの襲撃を受ける。彼は以前、レディバグが任務で潜入した結婚式の花婿だった男。その結婚式には同じく殺し屋のホーネットも潜入しており、彼女がウルフ以外の花嫁や参列者を全員毒殺していた。レディバグはウルフを覚えていなかったが、ウルフはレディバグの顔をきちんと覚えていたのだ。二人は車内で戦うが、思わぬ事故のためにウルフは死亡する。

ゆかり号には殺し屋コンビのタンジェリン&レモンも乗っていた。かつてヨハネスブルグでの任務中、レディバグはレモンに撃たれたことがある。盗んだケースが二人の荷物だと悟った彼は、バーのゴミ箱にケースを隠してレモンとの交渉に臨んだ。ところがレモンは、護送中だったホワイト・デスの息子を殺したのはレディバグだと考える。レモンが「人を殺しただろう」と詰め寄ると、レディバグはオオカミの死がバレたのだと勘違い。お互いに事を荒立てたくない二人は殴り合い、レディバグはレモンを気絶させる。念のため、レモンの持っているペットボトルの水には鎮静剤を入れた。

ホワイト・デスの息子がウルフの花嫁たちと同じ方法で殺されたことから、レディバグはホーネットが車内に潜んでいることを察知する。しかし、とにかく任務を完了したいレディバグは、ひとまずケースを再び回収。すると、彼の前にホーネットが姿を見せた。彼女は任務の報酬として身代金のケースを探していたのだ。ホーネットはレディバグに襲いかかり、蛇の毒を注射するが、レディバグは注射器を彼女自身に刺し返す。ホーネットがあわてて抗体を取り出すと、レディバグはそれを奪って自らに投与し、間一髪で命を助かった。

列車を降りられないまま京都へ向かうレディバグは、米原駅から乗車した老紳士・エルダーと出会う。二人は車内のトイレで、エルダーの息子・キムラとレモンが撃たれているのを発見。キムラとレモンは幸いにも生きていたが、レディバグを含む三人は激しく対立する。なにしろレディバグはレモンの相棒・タンジェリンを死なせ、またレモンは以前レディバグを、そして今回はキムラを撃ったのだ。しかし、京都駅ではホワイト・デスが彼らの到着を待っている。黒幕との戦いに挑むため、一同は力を合わせることになり……。
プリンスは周到な計画を立てていた。キムラの息子・ワタルをデパートの屋上から落とし、重傷を負わせたことはその始まりにすぎない。真の目的は、犯罪組織のボスである父親のホワイト・デスを殺すことだったのだ。

ゆかり号にキムラをおびき出したプリンスは、自らの計画に協力するよう彼を脅迫する。プリンスはワタルの病室に手下を送り込み、「もし自分が電話に出なければワタルを殺せ」と命じていた。彼女はキムラに銃を渡すと、京都駅でホワイト・デスを殺すよう要求する。

プリンスが目をつけていたのは、タンジェリン&レモンが持ち込んだブリーフケースだった。プリンスは持ち前の強運を発揮し、レディバグがバーのゴミ箱に隠したケースをあっさりと発見。ホワイト・デスがケースを開けることを予測して爆弾をセットした。キムラの銃にも爆弾を仕掛けており、引き金を引くと銃が暴発する仕組み。父親ホワイト・デスは、いつも自分を狙った襲撃者から武器を奪って相手を殺す。そのことを知るプリンスは、キムラがホワイト・デスに勝てなくとも、爆弾入りの銃を奪わせれば目的は達成できると考えたのだ。

しかし、プリンスの計画は少しずつ狂い始める。ケースの行方を追うレモンと出会った時、彼女はレモンが説明していない“ブリーフケース”という情報をうっかり口にしてしまった。疑いから逃れるため、プリンスがキムラに悪役を押し付けると、レモンは躊躇なくキムラに発砲。レモンはプリンスが銃を持っていることに気づき、今度は彼女に銃を向けるも、突如気を失う。窮地を脱したプリンスは、倒れたレモンの身体に銃弾を撃ち込んだ。

その後プリンスは、タンジェリンから自分の身を守ったレディバグと行動するようになる。いまや彼女は、キムラに代わってレディバグにホワイト・デスを殺させようとしていた。しかし、レディバグはプリンスの思うように動いてくれない。そんな中、キムラの父親・エルダーは、プリンスこそがワタルを突き落とした犯人だと確信していた。開き直ったプリンスはワタルを殺そうとするが、エルダーによってその計画は阻止される。

打つ手を失ったプリンスは、とうとう自分の手で父親を殺そうと決意。京都駅でホワイト・デスと対峙する。父を狙った動機は、ありのままの自分を見てもらうことだったのだ。家族の愛情を感じることなく生きてきたプリンスは、不出来ながらも大切にされる兄に嫉妬心を抱きながら、父親に似ている自分を評価してほしいと思っていた。彼女は爆弾の入った銃を父に渡すと、自分を撃てと言い放つ。ところが、ホワイト・デスは銃の引き金を引くことなく彼女のもとを去った。
優秀な殺し屋のタンジェリンは、世界最大級の犯罪組織を率いるホワイト・デスから依頼を受けた。拉致された彼の息子と身代金を奪還し、京都に移送する仕事だ。タンジェリンと相棒のレモンは、かの「ボリビアの仕事」をやり遂げた二人組。だからこそ自分たちに白羽の矢が立ったのだと彼は考えていた。

タンジェリンの運命は、身代金の入ったブリーフケースが消え、ホワイト・デスの息子が殺されたことから動き出す。ケースを取り戻したいタンジェリンは、乗客の少女・プリンスから「黒ぶちメガネの男」がケースを持っていたと聞かされ、その男・レディバグを探すことにした。巧みに逃げ回るレディバグをやっとの思いで発見したタンジェリンだったが、彼と戦うさなか、ホワイト・デスからの連絡を受ける。ケースを浜松駅にいる手下に見せろというのだ。

レディバグはケースの隠し場所を答えず、しかも駅に到着するまでにレモンと合流する時間もない。やむなく、タンジェリンはレディバグにレモンのふりをさせてひと芝居を打つことにした。ところが、レディバグの悪運が祟って作戦は失敗。タンジェリンは怒りをあらわにするが、レディバグに蹴り飛ばされて名古屋駅のホームに転げ落ちた。彼は気合いで最後尾車にしがみつくと、運転席のガラスを割って車内に復帰する。

ところが、タンジェリンが見たのは最悪の光景だった。相棒・レモンが撃たれて死んでいるのを見つけたのだ。幼い頃からともに育ってきた“兄弟”を殺した犯人を追うタンジェリンは、プリンスと再会し、犯人はレディバグだと聞かされる。ただしその時、彼女に“厄介者”ディーゼルのシールが貼られていることに気がついた。「きかんしゃトーマス」好きのレモンが、自分のためにメッセージを残したのだ。タンジェリンが銃を突きつけると、プリンスは助けを求めて声をあげる。すると突然、背後からレディバグがつかみかかってきて……。
殺し屋・レモンは「きかんしゃトーマス」を愛する男。相棒のタンジェリンとともにホワイト・デスの息子を救出し、身代金とともに京都まで送り届ける任務の最中だ。しかし身代金のブリーフケースが消え、依頼人の息子も殺害されたことで、レモンの心中は穏やかではなかった。

ケースの行方をタンジェリンが追う中、ひとり残ったレモンの前にレディバグが現れる。かつてレモンはヨハネスブルグでレディバグを2発も撃ったのだが、当の本人はまるで覚えていなかった。レディバグが「自分がケースを盗んだ」と白状するのを聞くや、レモンは、ホワイト・デスの息子を殺したのはレディバグに違いないと考える。しかし格闘の結果、レモンはレディバグに勝てず気絶させられてしまった。

レモンが目覚めた時、タンジェリンは座席に戻っており、ホワイト・デスからは「息子の安全を確認するため次の駅で降りろ」という指示が入る。息子を殺された事実を隠蔽すべく、タンジェリンは駅のホームで依頼人の手下に接触。かたや、レモンは車内で死体をパペットのように操ってみせた。

レモンはその後、プリンスとキムラの二人に出会う。ケースの行方を尋ねると、なぜかプリンスはそのケースが“ブリーフケース”であることを知っていた。二人を疑ったレモンは銃を突きつけ、どちらがボスなのかを答えろと脅す。キムラが手を挙げ、プリンスがレモンを指したのを見て、レモンはキムラを撃った(キムラはプリンスの罪を被っただけなのだが)。直後、彼はプリンスのバッグに銃が入っていることに気づき、プリンスに銃を突きつける。しかしその時、レモンの視界が揺らぎ、そのまま彼は意識を失ってしまった。レディバグが水に混ぜておいた鎮静剤が効いたのだ。

レモンはプリンスに数発撃たれたが、幸いにも防弾チョッキのおかげで無傷だった。しかもその時、彼はとっさに“厄介者”ディーゼルのシールをプリンスに貼りつけたのだ。目を覚ましたレモンは、キムラとレディバグに再会し、老紳士・エルダーと出会う。そして、相棒・タンジェリンが死んだことを知った。レモンは相棒を死なせたレディバグを許せないが、レディバグもヨハネスブルグの一件を未だ根に持っている。しかも、キムラもレモンに撃たれたことを許していなかった。
裏社会の男であり、一人の父親でもあるキムラは自分を責めていた。息子のワタルが何者かの手でデパートの屋上から落とされ、重傷を負ったのだ。キムラは復讐を決意し、犯人がゆかり号に乗車していることを突き止める。しかしキムラは、そこにいたプリンスのスタンガンで意識を失ってしまった。

目を覚ましたキムラに、プリンスは残酷な条件を提示する。もしもキムラがプリンスを攻撃するなどして、彼女が電話に出られなくなれば、病室にいる手下がワタルを殺すこと。そして、キムラが犯罪組織の首領ホワイト・デスを京都で殺さねばならないこと。プリンスはキムラに銃を渡すが、息子を人質に取られたキムラは命令に従うしかなく、彼女を撃つことができない。プリンスが発見したブリーフケースを開錠するのもキムラの役目になった。プリンスはケースの内部に爆弾を仕掛けると、キムラの銃にも爆弾を仕掛けていることを告げる。それはホワイト・デスを殺すための作戦で、彼女はそもそもキムラがホワイト・デスに勝てるとは思っていなかったのだ。

キムラにとって最大の危機は、プリンスが口を滑らせたためレモンに疑われたことだった。ケースのありかを二人が知っていると考えたレモンは、銃を突きつけ、どちらがボスなのかを答えろと迫ったのだ。その時、キムラはワタルを守るためにプリンスの罪を被ることにした。たとえ真実を語ったところで、彼女が死ねば病室のワタルもいずれ殺されてしまう。

キムラはレモンの銃弾に倒れるが、幸いにも一命を取り留めていた。自らの父親・エルダーとレディバグに発見されたキムラは、トイレの中で目を覚ます。父親とプリンスが対面したことで、すでに病室のワタルも危機を脱していた。そしてキムラは、ホワイト・デスが父の宿敵であり、母を殺した張本人であることを知る。ゆかり号が京都駅に到着する中、キムラとエルダーはホワイト・デスの乗車を待ち構えていた。
キムラの父親・エルダーと、巨大犯罪組織を牛耳るホワイト・デスの間には古い因縁がある。若き日のエルダーは、日本の裏社会を仕切る男・峰岸に仕えていたが、ある日、同じく若き日のホワイト・デスが峰岸のもとに現れたのだ。エルダーは「あの男は信用ならない」と忠告するが、峰岸はホワイト・デスを側近に起用。しかし、エルダーの直感が正しかったことは皮肉にもホワイト・デスの裏切りによって証明された。彼は峰岸を殺して組織を乗っ取り、エルダーの妻をも殺害したのである。

それ以来、エルダーは身を隠し、息子を守りながら、ひそかに復讐の機会を窺っていた。「どんな犠牲を払っても家族を守る」、それがエルダーの信条になったのだ。だからこそ、孫のワタルがデパートの屋上から落とされて重傷を負った時、彼は息子であるキムラの責任を問わざるをえなかった。

しかしある時、エルダーがキムラに電話をかけると、彼はワタルを傷つけた犯人と一緒にいた。犯人・プリンスの声が電話越しに聞こえる。ところが、次に電話をかけるとキムラは出なかった。代わりに応じた外国人の男・レディバグは、京都行きの高速列車の中で携帯電話を拾ったという。息子の危険を察知したエルダーは、米原駅からゆかり号に乗車した。

車内でレディバグと出会ったエルダーは、同行していたプリンスの声を聞き、彼女がワタルを屋上から落とした犯人だと気づく。レディバグが席を立つと、すかさず彼女に詰め寄った。するとプリンスは悪びれもせず、キムラにホワイト・デスを殺させようとしたことを白状し、さらには病室のワタルを殺すよう手下に命じる。しかし、エルダーはプリンスよりも数枚上手だった。孫の病室に送り込んだ護衛が、ワタルに近づく手下の男を返り討ちにしたのだ。

エルダーはレディバグとともに、トイレの中で倒れているキムラを発見する。幸い、キムラの命に別状はなかった。二人が向かう京都駅では、ホワイト・デスがゆかり号の到着を待っている。そしてホワイト・デスは、そこにエルダーが乗っていることをまだ知らない。
時を遡ること26年前、幼い頃に母親を病気で亡くしたウルフは孤独の中で育った。やがて、彼はメキシコのストリートで活躍し、麻薬カルテルのボスであるエル・サグアロに見出される。酒場で働く女性に惚れ込み、めでたく彼女と結婚することになった。

しかし、その結婚式で悲劇が起こる。式場のボーイ(として潜入していたレディバグ)にぶつかられたウルフは、タキシードにこぼれたワインを拭き取っているうちに周囲の異変に気づいた。そこで彼が見たのは、結婚式に出席した全員が、その身体から大量の血を噴き出しながら死んでいく凄惨な光景。恩人のサグアロも、そして愛する妻もこの世を去った。

事件以来、ウルフは犯人への復讐に燃えていた。彼が日本を訪れ、ゆかり号に乗ったのは、結婚式のウェディングケーキに毒を盛った殺し屋・ホーネットを追っていたからだ。しかしウルフが品川駅から列車に乗ろうとした時、目の前にはボーイの男=レディバグが立っていた。列車を降りようとするレディバグにウルフはナイフを突き立て、車内に押し戻す。ところが格闘の末にウルフが投げたナイフは、レディバグの抱えるブリーフケースに跳ね返り、そのままウルフ自身の胸を貫いた。
素性不明の殺し屋・ホーネットは、毒蛇であるブームスラングヘビを使って標的を殺害する。毒を打たれた相手は、全身から血を噴き出して死亡するのだ。今回の仕事は、京都行きの高速列車・ゆかり号に乗車し、犯罪組織の首領ホワイト・デスの息子を殺害することだった。

これまでホーネットは数々の任務をこなしてきた。メキシコでは麻薬カルテルを仕切るエル・サグアロを狙い、部下・ウルフの結婚式にパティシエの格好で潜入し、ウェディングケーキに毒を混入。日本では看護師に化け、手術中の名医を殺したこともある。今回は人気マスコット・モモもんの着ぐるみに入ると、標的を護送中のタンジェリン&レモンが目を離した隙を狙い、いともたやすく蛇の毒を注射した。ところが、報酬の入ったブリーフケースが見当たらない。

モモもんの姿でケースを探していたホーネットは、レディバグがケースを持ち歩いているのを発見。強奪に失敗すると、今度は車内のパーサーを襲撃し、制服姿でレディバグの前に立ちはだかった。しかし、ホーネットはレディバグの甲に注射器を刺すも、すぐに刺し返されてしまう。あわてて抗体を取り出すと、それさえ奪われてしまった。残念ながら抗体を一本しか持っていなかったホーネットは、やがて全身から血を噴き出し、のたうち回りながら絶命する。
日本の裏社会を掌握するホワイト・デスの息子として生まれながら、彼(サン)は決して優秀とは言えなかった。能力に長けず、警察の世話にもなる息子に対し、父親の態度は冷たい。息子を愛していた母親は、警察に捕まった彼を助けようと出かけた矢先にこの世を去った。

父親と敵対する組織・三合会に拉致された彼は、殺し屋のタンジェリン&レモンに救出され、京都行きのゆかり号に乗せられる。安心したのも束の間、今度はモモもんの着ぐるみに入っていたホーネットに毒を打ち込まれ、誰にも気づかれないうちに死亡した。